誰がトラやねん

阪神タイガースを応援してみたり、ライヴに出かけてみたり、競馬を楽しんだりしてみます。
中山G�観戦記
今更ながらですが・・・

12月10日、自分の出資馬であるローレルゲレイロのG�挑戦を見るために、中山競馬場へ行って来ました。
早朝の新幹線に乗るため、朝起きられるかな〜と心配していたけれど、こんな時は不思議にも目覚まし時計よりも速く目が覚めてしまうもので。馬よりも私の方がかなり緊張していた模様。
無事に新幹線に乗り込み、いつもなら乗り物の揺れにα波を感じながら(笑)米原を待たずして寝てしまう私なのに、名古屋でも目は覚めたまま、浜松も既に通過。
だったら富士山でも見ようと、窓の外をず〜っと眺めるも、曇り空で見えず。あぁ〜。
結局一睡もしないまま東京駅に到着。

中山競馬場ではちらほらとお会いしたことのあるローレル会員さんやら、職員さんともお目に掛かり、そして私と同じくゲレイロに出資している方とも初めてご対面することができた。う〜ん、連帯意識。(感じていたのは私だけか?)

なんとパドックにはゲレイロの横断幕も出ていたよ。ものすごく嬉しかった。作成された方どうもありがとう。
横断幕
そういえば前に中山競馬場へ行った時も、同じG�レース(朝日杯フューチュリティーS)の日だった。そのとき大好きだったメジロブライトの弟・メジロベイリーが勝ってそれなりに嬉しかったものだが、まさか数年後に自分の出資した馬が同じG�レースに出るなんて、そのときは想像もしていなかった。などと思いっきりこじつけの「偶然」をひとり勝手に感じてみる(笑)

パドックを周回するゲレイロは、私とは正反対にとっても落ち着いていて、毛ヅヤも良く、思いっきり見栄えしていた。ライバル達よりも良く見えた。馬体重は前走よりもプラス14kgではあったが、決して太くなく、堂々としていた。(親馬鹿です)
パドック

返し馬ではあっさりと向こう正面行ってしまったが、入れ込んでいる感じでもなかったしやっぱり良い感じ。(すみません親馬鹿で)
本馬場入場

レースはゴール板前で、おそらく一生懸命見たハズ。記憶にあるのはちゃんとスタートしたことと、直線でオーズミダイドウを交わしたことと、ゴール直前ドリームジャーニーがもの凄い末脚でゲレイロを差したこと。

結果2着だった我が愛馬のG�レース、2着で悔しかったけれど、でも2着なんて凄い事かもよもしかして。
でもほんとはやっぱり勝ちたかったから、次走はますます期待してみることにする。このまま好調持続で年を越してもらえたら、何とかなりそうな予感。
そして春にはもっと大きな舞台で走ってくれるのだろうか、親馬鹿なので楽しみにしておこう。
| gavi | 競馬系 | 22:58 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ 虎キチぴ〜ぷる
+ トラぶろ
+ PROFILE