誰がトラやねん

阪神タイガースを応援してみたり、ライヴに出かけてみたり、競馬を楽しんだりしてみます。
我が愛馬またまた勝ちきれず
ここに何度も登場している愛馬ローレルゲレイロ。
土曜日はゲレイロが阪神競馬場でアーリントンカップに出走、私も応援に行ってきました。

前日までは春が来たかのような暖かい気候だったのに、この日は久々に寒い!そのうえ前の週までは京都開催で移動も楽々だったのだが、阪神競馬場は我が家から遠い!ひぇ〜。
ま、そんな辛い思いも何のその、愛馬のためならと、早朝から出かけて席もゲット、応援幕を出す任務も無事に終了。午前中はのんびりとお茶を飲みながら余裕のレース観戦。
午後からは同じ愛馬を持つ会員さんとか、クラブのお仲間さんたちと、そして職員の方も入り交じって喋ってみたりランチしたり情報をいただいたり。と、交流を深めるあいだにそろそろパドックへ移動する時間に。

パドックでのゲレイロ、相変わらず好気配そのもので物見もせず、完全にレースやる気体勢になっている。パドックで見た感じでは、ゲレイロとトーセンキャプテンという2番人気の馬の気配が抜けていたように思う。それにしてもいくら3歳になったばかりの馬ばかりのレースとはいえ重賞のパドックで鳴いてた馬がいたよ・・・。どの馬か忘れたけど。
パドックでの気配
いつもゲレイロに鞍乗されている本田騎手は調教師へ転身のため、ゲレイロへの騎乗は今回がラストとなる。なんとかこのレースを勝利して本田さんに引退の花道を飾ってほしい・・・という競馬ファンたちの思いもあって、ゲレイロは一番人気に支持された。何とも言えないプレッシャー(何故私が!?)とともにゲートは開きスタート。前の馬を見ながら直線スパートすると最後は予想通りトーセンキャプテンとの一騎打ち。決勝戦手前では一旦前に出たものの、ゴール板を通過したのは2番目、クビ差。

また2着。

これまで何度も悔しいレースを続けてきたけれど、今回は本田さんの事もあったし、これまででいちばん勝ちたいと思ったレースだった、やや放心状態気味で馬場に目をやると、引きあげながらゲレイロの首筋をポンポンと叩くゲレイロの主戦騎手・本田さん最後の姿があった。
本田さんお疲れ様でした。ゲレイロとレースを共にしてここまで育ててもらい、ほんとにありがとうの気持ちでいっぱいです。

ローレルゲレイロの次走はまだ未定という事だが、こんどは本田騎手ではない新しいジョッキーと共に新たなドラマが待っているはずなので、それがうんと嬉しいドラマになりますように。
まだまだ私には得体の知れぬプレッシャーは続く〜。はぁ、ドキドキ。

そして現地で一緒に応援してくださったローレル仲間のみななん、そしてお友達、激励のメールをいただいた競馬仲間の方々、ほんとにどうもありがとうございました!ゲレイロのレースのたびにいろんな方々の暖かさを身にしみて感じます。いつも感謝。

このレイはゲレイロの首に掛けてもらうはずだったんですけど・・・。
今回の賞品はコレ♪
| gavi | 競馬系 | 21:55 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ 虎キチぴ〜ぷる
+ トラぶろ
+ PROFILE